『おねショタ剣戟ACT 廻るハゴコロ』のレビュー|好きなおねショタを作ろう!

多数のお姉さんにおっぱいを押し付けられるシーン

excess mが手掛ける、えっちなおねえさんに犯されまくるアクションゲーム「おねショタACT」シリーズ。その最新作『廻るハゴコロ』がついに発売!

今回は剣戟アクションになっているようで、和風好きの私も即購入してプレイしてきたので、その感想を綴っていこうと思います。

注目ポイントは、パワーアップしたカスタムバトル。 好きなキャラを作って、好きなシチュエーションで自分だけのHシーンが作れます!

こんな人にオススメ

・たくさんのお姉さんに逆レイプされたい
・おねショタ好き
・簡単で爽快なアクションゲームがプレイしたい

目次

ゲーム紹介

「廻るハゴコロ」の概要

『おねショタ剣戟ACT 廻るハゴコロ』はexcess mが手掛ける “おねショタACT” シリーズの最新作です。マウスクリックで操作する爽快なアクションゲームになっています

本作の舞台は侍や忍者が登場する和の国。着物や忍び装束のおねえさんが好きな人にはぶっ刺さる作品ですね。

簡単なあらすじ

廻るハゴコロのプロローグ

主人公は3つの流派を操る伝説の忍者 “天忍のゲン” 。
暴君カルラの暗殺に失敗したゲンは、彼女の部下によって「祝福」を受け、力を奪われ、更にはカルラの奇術によって子供の身体にされてしまいます。

なんとかカルラの元から脱出したゲンは、修練によって再び力を蓄え、カルラの暗殺を企てます。
憎きカルラを倒し、囚われた仲間を救い出すために…

本作は割と専門用語が多数出てくるため、簡単に細く説明をします。

祝福:女性に興奮して逆らえなくなる呪い
寵愛:カルラから与えられた力。腕力が上がり、大地から力を得て傷を癒せるようになるが、反動で嗜虐的になる。寵愛を受けたものを「寵愛者」と呼ぶ。

(女に)弱くてニューゲーム!

マウス操作で爽快なアクション!

廻るハゴコロの戦闘シーン

本作はマウスで操作するアクションゲームになっています。キーボードを使う必要はなく、操作は全てマウスだけで完結します。

連続攻撃も左クリックの長押しでできるため、マウスをガチャガチャすることもなく、的確なマウス移動とクリックだけでプレイできるのが嬉しいですね。

流派・武器選択画面

戦闘アクションも流派により異なり、連続攻撃を叩き込む小刀にカウンター重視の鈍器など、好みに応じて多彩なアクションが楽しめるようになっています。

どうしてもアクションが苦手という人のために、「自動ガード」などの救済措置も用意されているので安心してプレイできます

シーン全解放もあるので安心♪

作品情報

廻るハゴコロのパッケージ
タイトルおねショタ剣戟ACT 廻るハゴコロ
サークルexcess m(イクセスエム)
ジャンルおねショタ、和風、痴女、アクション
配信開始2021年6月19日
販売価格1,430円
サークル公式ブログCi-en

おねショタ特化サークル「excess m」

本作品の制作サークルは「excess m」。(イクセスエムと読みます)
“おねショタ” というジャンルにおいては、金字塔ともいえる定番サークルですね。

「夢から醒めた亡者」のパッケージ

私も一通りプレイしていますが、全作品通してオススメなのが前作の「夢から醒めた亡者」です。

ファンタジーものになっていますが、そこでギャルやOLのような現実に即した痴女に襲われて、夢の世界に永遠にとらわれるというシチュエーションが最高にエロい!

「廻るハゴコロ」とは違い、横スクロールのアクションですが、こちらも簡単な操作でバッタバッタなぎ倒す無双系なので、ストレスなく軽快なアクションが味わえるオススメの作品です。

ちなみに、excess mは「はじめてのカジノ」という無料のエロゲも配信しています。プレイしたことがない方はぜひプレイしてみてください↓

『廻るハゴコロ』をプレイした感想

さて、それでは「廻るハゴコロ」を実際にプレイして魅力的に感じた点・気になった点は以下の通りです。購入・プレイ前の参考にしてください。

  • 良かった点
    • 大勢に逆レイプされるハーレム感
    • わりとハードなプレイ(軽いリョナ要素も)
    • 簡単操作で爽快アクション!
    • シーンの全開放が最初からある
    • 自分好みのエロシーンを作れる
  • 不満点
    • メインストーリーは若干ボリューム不足感
  • 賛否両論
    • 「和風」の世界観をぶち壊すキャラが登場する

特筆すべきは、自分で戦闘・エロシーンを作れる機能があること。これはかなり遊べる要素で、想像性豊かな人はこの機能で何時間でも遊べます。登場キャラクターも多いので、色々と好きなシナリオ・シチュエーションを自分で作り出せます。

代わりに、メインストーリーはボリューム不足な気がしました。クリアだけなら4~5時間程度で終わります。前作はこの倍程度遊べた気がするので、もう少しストーリーに厚みが欲しかったなというのが本音です。

ハマればかなり遊べるゲームです

『廻るハゴコロ』の注目ポイント

ここからは、個人的にエッチなポイント、魅力的な要素について解説していきます。

あなただけのエロシーンを作成可能!

キャラメイキング中の画像

「exess m」の作品では好きなキャラたちと自由に戦うシステムが定番ですが、本作『廻るハゴコロ』では好きなキャラ・好きな場所・好きなテキストで自由な戦闘・エロシーンを作ることができます

キャラクターはベースとなるキャラの見た目や性格、ボイスなども自由に設定できますし、エロシーンのシナリオも自分で一から自由に作ることができます。

カスタムシナリオのプレイ画像
特殊なシチュエーションも作れます

忍者や武士はもちろん、シリーズ定番のOLやチアガールなどのキャラクターもいるので、本当に自分次第でいかようにもゲームを作ることができますよ!

個人的には本作のメインコンテンツはこれ!

色んなお姉さんに犯されまくり!

くのいちに犯されるシーン

登場するキャラクターはえっちなおねえさんばかり。寵愛という不思議な力で嗜虐的になっているため、どのおねえさんもドSになっています。

戦闘中に拘束されたり、敗北後に性奴隷にされたり、不意打ちを受けたりとあらゆる場面で犯されまくりです。大半のシーンが複数人での逆レイプなので、大勢に犯されたいドМ大歓喜のシチュエーションばかりになっています。

毎回キャラが微妙に変わる?

農民たちにパイズリで搾精されるシーン

また、同じキャラクターとのエロシーンであっても、毎回キャラの容姿が微妙に異なります(固有キャラを除く)。「前回は色白の清楚な人が多かったけど、今回は褐色の妖艶なおねえさんだ!」というようなこともあり、なかなか飽きが来ず長く遊べる仕様になっています。

視点変更も可能

また、シチュエーション次第で、視点の切り替えも可能になっています。没入感の高い主観と、おねショタ構図が拝める第三者視点を上手く切り替えて、自分好みのスタイルでオナニーに興じられるのが嬉しいですね。

たとえばこんなエッチ♡

・力を奪われながら干からびるまで犯され続ける
・助けようとした農民たちに犯される
・呪いの人形で操られて公開オナニー
・体を小さくされ股に挟まれる
・全身を羽交い絞めにされて薬漬けにされる
・敵の親玉に犯されながら闇落ち
…etc
(自分で好きなシチュエーションを作ろう!)

まとめ:多彩なおねショタを作ろう!

種類豊富なキャラたちとお任せで戯れるのも良し、メインストーリーを楽しむも良しな良作ですが、やはり本作は「自由にシーンを作れる」というのが一番の魅力だと思います。

こういうシチュのえっちな作品があればなぁと普段から考えている想像力豊かな人には神ゲーにもなりうる作品です。ぜひ自分にとって最高のエッチを作ってみてください!

体験版は少しストーリーや操作感が分かりづらいですが、Unityなのでスペックに不安がある人は一度体験版を試してみることをオススメします。

『おねショタ剣戟ACT 廻るハゴコロ』の体験版をダウンロード

おねショタ好きならこちらもチェック↓

『ライブラとショタE.T.D.』を体験レビュー|あなたは男の子?それとも男の娘?

目次
閉じる